卵殻膜とプラセンタってどっちがいいのか調べてみた

「いつまでも若々しくいたい。」、これって女性の永遠のテーマだと思いませんか?

シミやシワは老けて見える原因、老化の原因は日焼けなのでUVケアをする。
だけど、それ以外にも何かして「実年齢よりも若く見られたい」って思いますよね?
「同窓会で同級生より若く見られたい」、なんて小さな望みを持っているのは私だけではないはずです!
エイジングケア製品で良く見かける、「卵殻膜」・「プラセンタ」どっちが良いのか悩みませんか?
「どっちもすごく良さそう」、どっちが自分の悩みに合うものか調べてみました。

卵殻膜とプラセンタの違い

比較するために、まず2つの成分について書いていきますね。
化粧品として買う時に参考になるように、美容的に必要そうなところを中心にまとめていきます。

卵殻膜

卵殻膜は、卵の殻の内側にある薄い膜のことです。
卵は、親鳥が栄養を与えなくても、ヒナが誕生しますよね?
卵殻膜に「菌やウイルスからヒナを守る」・「栄養を与える」、という誕生までを導くための力を持っているからなんです。
そんなスゴイ力を持つ卵殻膜ですが、「なんで化粧品の成分になったの?」と思いませんか?

  • 卵殻膜は、美肌に欠かせないアミノ酸「シスチン」が他の食品と比べて圧倒的に多く含まれています。
    シスチンは体の中でL-システインに変化します。
    L-システインとは、シミ・そばかす用として販売されている製品に配合されている成分です。
  • 卵殻膜には、普段の食事ではバランスよく摂ることの出来ないアミノ酸を18種類も、自然由来でふくまれています
    美容と健康を考えた時、アミノ酸はとても重要です。
    さらに、人の肌にとても近い、9種の必須アミノ酸を含んだ18種類のアミノ酸で構成されているのでアミノ酸組成で親和性が高く、化粧品として肌なじみが良いのも特徴です。
  • 卵殻膜には、コラーゲンとヒアルロン酸を自然にふくんでいます。

プラセンタ

プラセンタは、ほ乳類が赤ちゃんを育てる臓器の「胎盤」のことです。
妊娠中の母体と胎児をつなぐ器官で、胎児へ酸素や栄養素を送ったり、母体へ老廃物を渡したりする機能や、血液やたんぱく質をつくる、ホルモンを分泌する、などの働きをしています。

健康食品やサプリメントに使用されているプラセンタは、ウシ・ブタ・ヒツジ・ウマのプラセンタで、ブタあるいはウマ由来のプラセンタエキスが多く使用されているようです。
ブタやウマの胎盤を分解処理したものを、サプリメント・ドリンク・化粧品に配合しています。「海洋性プラセンタ」「マリンプラセンタ」「植物性プラセンタ」など、【プラセンタ】と名前についた成分が販売されています。
海洋性プラセンタ=魚の卵巣膜、植物性プラセンタ=植物の胎座から抽出した成分なので、ほ乳類のプラセンタ=胎盤とは違うものになります。

胎盤は栄養素を豊富に含むことで知られていて、10種類のアミノ酸・酵素・各種ビタミン・核酸・ミネラルなどさまざまな栄養素と潤い成分のヒアルロン酸がふくまれています。

  • 美肌に必要なアミノ酸などの成分で、新陳代謝がアップしてコラーゲンの生成が促されて肌のハリに効果が期待できる
  • アミノ酸や成長因子がふくまれているので、ターンオーバーの乱れを整えシミやシワの改善が期待できる。

卵殻膜とプラセンタの違い

卵殻膜・プラセンタ、どちらも「生命の誕生にかかわる、栄養豊富なもの」という共通点があります。
似ているような気もしますが、ふくまれる成分が違うので比較しにくいなって思います。
アミノ酸の数だけで言うなら、卵殻膜の方が多いって感じですね。

卵殻膜とプラセンタはどっちがいい?

「どちらが良いか?」に関しては、悩みや好みに合わせて選ぶのがおススメです。
化粧品には、大きく打ち出された物の他にも成分が入っているので、そこを見て選ぶのがいいかなと思います。
成分・価格などのお買い物ポイントは人それぞれ、判断材料になればと思うので次の項目では比較ポイントを書いていこうと思います。

卵殻膜のおすすめコスメ

若々しさと健康維持に必要になるのが、Ⅲ型コラーゲン。
ですが、Ⅲ型コラーゲンは、食材やコラーゲンサプリから摂るのは難しいんです。
Ⅲ型コラーゲンを研究して、辿り着いた素材が「卵殻膜」です。
卵殻膜化粧品にも、いろいろな種類があります。

ビューティーオープナー

「ビューティーオープナー」は、株式会社オージオから発売されています。
オージオは、化粧品・サプリメントの専門通販の会社です。
ビューティーオープナーは、美容雑誌のVOCEでハリ・弾力部門1位・オトナミューズの美容液部門の1位などを獲得した卵殻膜美容液です。

  • 卵殻膜エキス95%の高配合
  • ヒアルロン酸Na:1gで6リットルの水分の保水力を持つ成分、保湿効果と角質柔軟効果が期待できる。
  • スクワラン:天然由来の保湿成分で、肌をやわらかくする・シワや毛穴詰まりの解消・ターンオーバーの促進が期待できる。
  • カンゾウ根エキス:アスコルビン酸(ビタミンC)の約270倍のメラニン抑制作用でシミへの効果が期待できる。
  • 天然のエッセンシャルオイル:ローズマリー・レモングラス・ニオイテンジクアオイ(ゼラニウム)配合

「化粧品にエッセンシャルオイル?」と思われる方も少なくないと思います。
(私もそうでした)
単なる香り付けではなく、リラックス効果や肌にも効果が期待出来るので配合されています。

ゼラニウム=皮膚弾力回復、ローズマリー=収れん効果があるので、脂性肌に効果がある。
レモングラスはリラックス効果があるが、シトラールという成分がまれに肌の刺激になるので注意が必要。
精油単体での効果なので、化粧品では他の成分がカバーしてくれているとは思いますが、気になる方は覚えておいて下さいね。

チェルラーブリリオ

「チェルラーブリリオ」は、株式会社アルマードから発売されています。
株式会社アルマードは、「卵殻膜のパイオニア」で「卵殻膜エキスの生みの親」な会社になります。
「TO-II」、「Ode」、「CELLULA」、「AMF」、「Almado La Dina」などのオリジナルブランドがあります。
その中のブランドの1つCELLULA(チェルラー)のブリリオシリーズの美容液です。 

  • 新しく開発した卵殻膜エキスを過去最高濃度96%配合
  • EGF:肌の表面のターンオーバー・再生能力を高めてくれる。
  • フラーレン:長時間持続するビタミンCの172倍の強力な抗酸化力で、美白・シワ改善・バリア機能改善・毛穴改善効果が期待できる。:
  • プロテオグリカン:ヒアルロン酸の1.3倍もの保水力を持っている保湿成分。乾燥ダメージをケアし、お肌のハリと弾力をアップさせてくれます。シワ改善・弾力の改善
  • 3つの幹細胞:ムクゲカルスエキス・リンゴ果実培養エキス・エリンギウムマリチムムカルス培養液=抗酸化作用と保水力が期待できる。くすみやシワの改善が期待できる。
  • 天然のエッセンシャルオイル配合:ノバラ油、イランイラン花油配合

イランイラン=収れん作用があるので、皮脂分泌のバランスを整える。
ノバラ=炎症をしずめて、肌のキメを整え・ハリを持たせてくれます。

バラの香りは、「かいでいるだけでも女性らしさが増す」とも言われています。
「かぐだけでエイジングケアできるなら手軽!」って感じがするので、おまじない的にローズを選んだりしています(笑)

美白の力を期待して「ビューティーオープナー」、卵殻膜エキスの濃度・保湿の効果を期待して「チェルラーブリリオ」とお買い物ポイントにできるんじゃないかと思います。
また、顔に塗るものなので苦手な匂いがした場合は使えなくてショックだった事もあるので香りも大事かなと思います。

プラセンタのおすすめコスメ

プラセンタに関しては、調べてる最中に「新しい物好き」・「100%」・「製薬会社との共同開発」の言葉に弱い私が気になったものをご紹介させて頂きます(笑)

ヴィーナスプラセンタ美容液

「ヴィーナスプラセンタ」は、株式会社オージオから発売されています。
ビューティーオープナーもオージオさんでしたね、エイジングケア商品に力を注いでる感じが熱いです。

  • ビューティープラセンタエキス:プラセンタの栄養成分を丸ごと肌から取り込むために製薬会社と共同開発したオージオ独自の美容成分。
  • サイタイエキス:アミノ酸・ビタミン・ミネラル・ヒアルロン酸を含んでいて、浸透した水分を離しにくい特徴がある。
  • プロテオグリカン:ヒアルロン酸の1.3倍もの保水力を持っている保湿成分。乾燥ダメージをケアし、お肌のハリと弾力をアップさせてくれます。シワ改善・弾力の改善
  • ヒアルロン酸:1gで6リットルの水分の保水力を持つ成分、保湿効果と角質柔軟効果が期待できる。
  • 琥珀酸:保湿・ハリを与える成分

美容液1本の中に、ビューティープラセンタエキス・サイタイエキス・プロテオグリカン3つの100%原液が入ってるんです。
製薬会社と共同開発した独自成分、100%原液配合の濃厚な美容液って感じが心に響きました。
合成香料・鉱物油・合成着色料不使用で、精油なども入ってないみたいなので特徴的な香りもなさそうなところも良いですね。

卵殻膜とプラセンタを比較して思った事

化粧品は合う・合わないがあるので、断言が難しいですよね。
お買い物も心に響くワードは人それぞれ、本当に個人的な意見ですが「どっちも気になる」が私の着地点です。
まだ試した事のない成分が入った化粧品を試すときはワクワクしますよね。
お得に試して、良い物みつけたい精神は止まりません。